【MacBookPro】スタンド.1

MacBookPro

 Traveler Catを運営しています、mobilecatです。

 今回は最近MacBookPro15で作業時に使用しているノートPC用スタンドについてご紹介します。 ただ、脱離も外せないので追加投資・購入をする前に手持ちの用品をリサイクルしてダメな時に捨活後に購入の方針のため、あちこちで紹介されている製品ではなく新品ではほぼ販売されていない製品となりますことを事前にお伝えします。

ノートPCスタンド

 紹介するノートPC用スタンドは少しでも、

  • 作業姿勢の改善
  • 肩こりや眼精疲労の低減
  • デスクワークの負担を低減
  • 放熱性の向上

しMacBookProを快適に使用するためにやはりスタンドが欲しいなと思い物色していた時に新型コロナ騒ぎでStay Homeとなり、仕方がないので自宅の捨活を行っていた時に見つけたノートPC用スタンドの紹介となります。 色々なブログ等でMacBookPro向けに紹介されている作業用スタンドは、

や、

がメジャーですが、自宅から発掘したのはこちらの製品です。

EVERCOOL ノートブックPCクーラー NP-301

この製品はずいぶん昔にWindowsのノートPCで使用していたノートブックPC用クーラーで製品特徴は、

  • 9インチから15インチのノートブックPCに対応
  • アルミ製で温度を下げ安定したシステムの作動を維持
  • サイレントファンを2基搭載、風向きの変更や取り外しが可能です。
  • アクセサリボックス付き。PCアクセサリや配線などのアイテムを収納できます。

となります。 実際に所有していますのでWebで見つけて来た情報よりもさらに古くてこれになります。

シンプルなファン
左右に小さな小物入れが付いてましてアダプタやUSBメモリ等を入れられます。
ファン用のUSB電源とSWは左側
裏面から見るとこうなっておりファンを外せます。

リサイクル・DIY

 さて問題はこのノートブックPCスタンドの横幅は320mmに対してMacBookPro15は350mmなので横にはみ出るのとそのまま乗せると密着度が高くファンの空気の流れを阻害してしまいます。 MacBookProにも低いながら足がありますので他の製品もそうですがアルミに未着させてアルミ側に放熱させるわけではありませんので(CPUファンやヒートシンクはCPUや熱源に密着させて熱をファン側に伝えて冷却しますので熱源に密着しないと意味はありません)、ファンを回して空気の流れを作り放熱させた方がいいと思い丁度持っていたゴム足をスタンド側の貼り付けて空間を作り空気が流れやすいようにしました。

左右に15mmづつはみでますが不安定感も無くキー操作には影響はありません。
赤丸部分がゴム足でMacBookProの足にあたりますので合わせて高さを稼いてます。

さらにテーブル側もそのままだとどうも滑るので同じようにゴム足をつけました。

手前側が高さが出過ぎますので今は外してます。

使用感

 MacBookPro15を乗せて高さをキーボード面で測ったところスタンド含めての高さは画面側が約50mm、

手前側が30mm(写真はゴム足がありますがいまはありませんので)となり

 なお、奥行きはスタンドのPCが載る部分が240mmに対してMacBookPro15が240mmなのでぴったしとなります。 上の画像の方がわかりやすいですね。

横幅はMacBookPro15の方が大きく左右にそれぞれ15mm程度出ますが不安定感もなくキー入力に影響は感じられません。高さも下に見下ろす感じが緩和されて姿勢の無理も疲れも減ったように感じます。 冷却性に着いてはいまのところなんとも言えません。

おまけ

 応用としてたまにスタンドにiPad Pro10.5を載せて作業を行ったりもしてます。

このパターンと、

このパターンがありますが両方とも悪くないです。 下のパターンはキーボードに少し角度がつきすぎるような気もしますが手首がテーブルの端に来るようにすると違和感が緩和されました。

つづく・・・(本投稿はiPhone & iPadProで作成)

コメント

タイトルとURLをコピーしました